木造解体

一口に解体工事といっても、建物の状況や構造次第で工事費用・手順は大きく変わるもの。
店舗や住宅などの木造建物は、さまざまな工法でつくられているため、構造もかなり複雑です。
解体現場の両隣りが空き地であるか、そうでないかによって使用できる重機の種類や解体方法なども異なるので、事前調査はしっかり行いましょう。

排出される産業廃棄物や、生活ゴミ・残置物の処理まで承っておりますので、どうぞご安心してお任せください。

木造解体工事のポイント

● 工事範囲の明確化

解体工事の際は、建物の場所・構造・広さ、ご要望などに応じて費用が決まってくるため、工事範囲を明確にしておくことが重要です。
お住まいの前の道路状況や、物置などがあるかどうかでも費用は大きく変わってきます。
当方では、お見積りと実際の費用との差を最小限に抑えるため、現地調査とヒアリングを実施してから工事のご提案をいたしますので、安心してお任せください。

● スケジュールの確認

解体工事のスケジュールや工期は、建物の構造や立地状況などによって変わります。
工事の事前調査や近隣の方へのご挨拶など、施工の前には準備が必要ですので、スケジュールには余裕を持ってご依頼いただくことをオススメします。
もちろんお急ぎの場合でも、全力で対応いたしますので、お任せください。

● 地中障害物による追加工事

地中障害物とは、建物の地中に埋没している以前の建物の基礎や、浄化槽などのこと。
地中障害物の有無は解体工事を進めていかなければわからないため、発見する度に追加費用が加算されることに。
建築図面などがあれば、外側から見えない部分の確認にも役立ちますので、解体工事の際は前もって準備されることをオススメします。

● 産業廃棄物の処理

解体工事した際に発生した、産業廃棄物の処理もお任せください。
資源の有効利用を促進する「建設リサイクル法」に則った解体工事で、 木材・アスファルト・コンクリートなどの資材は分別・再資源化。
行政への届け出を含め、法令を遵守した工事をおこないます。

一覧ページに戻る